適切な表現の翻訳

翻訳といっても使用するシーンにより違います!商談翻訳、商品説明翻訳、プレゼン翻訳・・・これらを全て同じ翻訳でいいのですか?

TOP 翻訳会社 翻訳会社の納期における注意点

翻訳会社の納期における注意点

目安として、この程度のボリュームであれば、何日で納品できるという事を提示している翻訳会社もあります。顧客にとっては納期がわかりやすくていいですね。

しかし、翻訳会社は常にスケジュール通りに業務をこなせるわけではありません。時には、たくさんの顧客から翻訳会社へ仕事が舞い込んでくる事もあります。そうなると、早く依頼した顧客から順に納品するという事が多く、待ち時間が発生する事もあります。

早く納品してほしい場合には、翻訳会社に対して問い合わせをしてみるといいでしょう。

時には時間が予想以上にかかってしまう事もあるという事を頭に入れておきながら、翻訳会社への依頼を早めに行いたいですね。

グローバル化に伴いさらなる普及を遂げる翻訳会社

今の翻訳会社というのは、常駐する翻訳者がいるというよりも、翻訳会社がフリーランスの翻訳者に委託する形式をとっている場合が多いです。

翻訳者がクライアントに依頼された原稿を受け取って、パソコンを用いて作業していく形が一般的だといわれています。そのため、翻訳に興味がある方や、外国語が得意な方であれば、資格などを取得する必要もなく、自宅でインターネットを通じて、フリーランスという形で翻訳の仕事を引き受けることができるのです。

しかし、翻訳にはとても専門性があるため、翻訳者という肩書きを持ちたいという方は、自身の得意とする分野の翻訳スキルを高めて、より質の良い翻訳をしていきましょう。

翻訳会社の実情と将来の展望

翻訳会社の実情と将来の展望として、まず実情から述べますと、昔に比べて会社の数自体が少なくなっているように思われます。今から20年、30年前の翻訳雑誌に載っていた会社が、現在も活動を続けているかというと疑問符を浮かべる人は多いでしょう。

現在の翻訳雑誌には、その名称が消えている会社がたくさんあると思います。それに、これから国際的になっていくので、小学校にも英語授業が導入される時代です。英語の需要はますます増えますが、その一方で、英語力のある人も確実に増えています。

難しい文章でも翻訳会社は綺麗に翻訳してくれるので、時には依頼することも大切です。

翻訳会社の仕事内容とニーズ

翻訳会社のイメージを聞かれた場合、映画の翻訳をする仕事などが思いつくような仕事かもしれません。しかし、それ以外にも本の内容を翻訳したり、テレビ番組での外国人インタビューもイメージできます。

近年ではスマートフォンで翻訳をしてくれる機能も存在しますし、パソコンで使う場合でも翻訳サイトに接続をして、そちらから言語の訳を出すこともできるのですが、細かなニュアンスの違いがあるため正確に訳すのは難しく、それ故、現在でも翻訳会社に依頼して翻訳をしてもらう場合が多いです。時代は進んでも、変わることなく必要にされています。

さまざまな言語がある翻訳会社

多くの言語が飛び交うようになり、より世界が身近になった現代になりますが、言葉の壁はまだまだあります。そのような際に言語のプロフェッショナルである翻訳サービスを必要とされるケースは多いでしょう。日本ではさまざまな言語の翻訳会社があります。

翻訳会社によっては、複数の言語を取り扱っているような会社もありますので、必要に応じては合わせて利用するようなこともできます。価格はリーズナブルにこした事はありませんが、ビジネスなどに使用する場合には品質も大切になりますので、そのような部分でも見極めていくことが必要になるでしょう。

人気の翻訳会社

Accent株式会社

〒100-6208
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス8F

東京駅徒歩5分

お台場オフィス
〒135-0064
東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 8F

東京臨海新交通臨海線 船の科学館駅徒歩5分

東京臨海新交通臨海線 テレコムセンター駅徒歩5分

翻訳会社の関連記事

メニュー

適切な表現の翻訳HOME 中国語翻訳 英語翻訳 ドイツ語翻訳 翻訳会社 校正もできる翻訳会社 海外調査 翻訳会社の納期

当サイトへのお問い合わせはこちらから。翻訳会社が対応する内容は、英語翻訳や中国語翻訳はもちろん、ドイツ語翻訳から韓国語翻訳、ロシア語翻訳、フランス語、ポルトガル語など多くの言語を扱っています。詳しくは翻訳会社へ。