適切な表現の翻訳

翻訳といっても使用するシーンにより違います!商談翻訳、商品説明翻訳、プレゼン翻訳・・・これらを全て同じ翻訳でいいのですか?

独特の魅力があるドイツ語翻訳

ドイツ語翻訳と言えば、英語に近いのではないかという印象を抱いている人もいるかもしれませんね。

しかし、少しドイツ語翻訳に向けて勉強をしていると、その大きな違いに気が付く事でしょう。大きな違いの一つに格が挙げられるかと思います。

格というのは文法の基本となりますが、文章の中で強調したい部分によって異なる構文を使用します。

また、名詞にも違いがあります。女性名詞、男性名詞、中性名詞がある事でも知られています。

他の欧米系言語でも見かける事は多いかと思いますが、名詞に種類がある事により、異なった冠詞を付ける事になります。

現在においてもドイツ語翻訳をしたいと希望する人は多いでしょう。