適切な表現の翻訳

翻訳といっても使用するシーンにより違います!商談翻訳、商品説明翻訳、プレゼン翻訳・・・これらを全て同じ翻訳でいいのですか?

英語の通訳や英語翻訳

英語の通訳や英語翻訳では、短いものや学術文献などのように、原文をそのまま忠実に直訳したほうがいいものと、小説などの長い文章で、直訳するよりも全体の意をつかんで、内容が通るように、文体や表現など全体を通して調整したほうがいいものがあります。

後者の場合、少しずつ丁寧に訳すよりも、下訳と呼ばれるまず単純に原文を翻訳したものを元に、さらに表現を豊かにして物語を損なわないようにしながら再翻訳するという手順がとられることがあります。

こうすることで文体がより自然になり、読者は違和感なくストーリーを楽しむことが出来ます。ただ、英語翻訳で大事なのは単語の真の意味、ニュアンスを把握していなければ自然な文章にはなりません。